2017年04月25日

は!しまった!

今日はもうこんな時間!?
blog、書けなかったー顔3(かなしいカオ)

明日、草刈午後お休みいただきますm(__)m

またー
posted by くさかり at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月24日

♂猫の去勢手術は、いつやれば…?

春はベビーラッシュ
里親さんで譲り受けたり、運命の出会いがあったり
猫がいるだけで、やわらかく穏やかな日常になりますよね猫

そんな新しい家族を迎えたら、
一生に一回、いつかやることになるのが

不妊手術病院

♀なら基本的に、体重が2sを超えたら早いうちにやってあげた方がいいですね。

では、
♂の 
「去勢手術」
は、いつ頃がいいでしょう?


あんまり小さいうちに手術をすると、おちんちんが未成熟のまま大人になります。
体はおっきいのに…みたいな。
猫は元来おしっこのトラブルが多い動物なので、それに輪をかけてしまうことにあせあせ(飛び散る汗)

というわけで、十分に成猫になってからがいいですねひらめき

具体的には、
少なくとも8カ月齢。
体の大きな子は1歳ぐらいでもいいと思います手(パー)

諸般の事情でどうしても…というのでなければ、
それ位を目安にしていきましょう手(グー)

手術は日帰りです手(パー)
ですが、事前に診察させていただき、おっきさを確認したいですねわーい(嬉しい顔)


素敵なにゃんこライフのためにぴかぴか(新しい)



posted by くさかり at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

忙しくなってきました(^_^;)

こんにちはーわーい(嬉しい顔)

穀雨を過ぎ、4月も下旬に突入手(グー)
今日は朝から絶えることなく、やっと今こうしてPCに向かえていますあせあせ(飛び散る汗)

狂犬病予防接種、フィラリア予防
いよいよ盛り上がってまいりましたパンチ
さぁ、僕らもさらにギアを上げていきますグッド(上向き矢印)

週末は混雑でお待たせしてしうこともあるかもしれませんふらふらあせあせ(飛び散る汗)
特に、朝一・お昼前がく〜(落胆した顔)
その時はどうかご容赦くださいもうやだ〜(悲しい顔)

季節の変わり目
体調にはお気をつけていきましょー手(グー)
posted by くさかり at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月21日

会陰尿道廔形成術変法にチャレンジ!

この前の火曜日、午後に手術をしました。

♂猫特有で、
おしっこしたくても出せない、
‘ 尿道狭窄 ’
という病気。
おとなしい体格の立派な、特に早い時期に去勢手術をした子は要注意!!
体の割におちんちんが未成熟で小っちゃく、尿道が細くてすぐつまっちゃうんですふらふら
おしっこ詰まりは即、命の危険に関わりますがく〜(落胆した顔)
これを何度も繰り返していると、やがて腎臓にも大きなダメージを受けますむかっ(怒り)
腎臓は一度壊れると再生できない臓器ふらふら これまた命に関わりますふらふらあせあせ(飛び散る汗)

薬や食事療法で維持できればいいんですが、
それでも繰り返してしまう子は、手術をします。
これが、

‘ 会陰尿道廔形成術 ’

というもの手(グー)


…なんですが


この手術

実に、難儀あせあせ(飛び散る汗)

まぁ、僕がへたくそだからと言われれば身も蓋もありませんがたらーっ(汗)

統計でも、3割近いケースで手術後の経過不良(おしっこができなくなる等)があるようですふらふら


どういう手術かというと、
「 尿道の奥の方の広いところまで切り開いて、出口を作り直す」
…とまぁ、口では簡単に言いますが、
実際にはこれがとってもミクロなんですたらーっ(汗)
さらに、手術をした後の傷口を舐めちゃったり、うんちで汚れちゃったりして、
結果癒着してふさがっちゃう…ってことも‘ざら’でもうやだ〜(悲しい顔)


正直

「あ、はーい。じゃぁ、やっちゃいましょうかるんるん

なんて、軽々しく言えないんです(少なくとも、僕は…)


ですが…

‘ できない ’

というものでもなく。


二次診療施設にお任せするのも選択肢の一つではありますが、

今回のように

「お願いします。」

と言われると、断る理由もないというか…



で。
やりました。


今までの経験上、とにかく手術後の経過が良くないことが多いので、
これをなんとかクリアする方法はないかと模索していたところ、

(お!?これはいいんじゃないか!?)

という方法を見つけまして。


ちょっと獣医師向けのマニアックな話ですが、
「筒状包皮温存法」
というやり方。

ただ、
これも理屈はよく分かるし、方法は簡単に書いてあるんですが、
今までの経験上、結構難しそうなポイントがありまして。
ここからはほぼ、これからチャレンジしてみようかなという獣医師向けですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

●「包皮を筒状に剥離して陰茎を引き抜く」
最初の難関だと思ってましたが、やはりふらふら
一周切れ込みを入れてまるまる剥がしていると、どんどん深く掘り下げてしまい、
いつの間にか陰茎粘膜まで剥がしちゃっているもうやだ〜(悲しい顔)


●「筒状に温存した包皮と骨盤尿道切開口を周回縫合…」
掘り下げちゃって、一部筒状じゃない!もうやだ〜(悲しい顔)
腹側の縫合は陰茎がフリーになっていても難儀!

●「1o間隔で周回縫合したのち、さらに単純結紮する」
均等な間隔で縫合できないため、片寄って引き攣れてやりづらいもうやだ〜(悲しい顔)

というような…もうやだ〜(悲しい顔)


結果


予定の2倍時間がかかりましたもうやだ〜(悲しい顔)


ですが、
今のところ、経過は良好手(パー)
従来の方法とは比べ物にならないぐらいの術後管理で済んでいます黒ハート


もし、今後も手術適応のケースがあったら、この方法をとるでしょう。

次にやる時は

●包皮剥離はムキにならないあせあせ(飛び散る汗)
●陰茎露出は掘り下げすぎない ← 陰茎開口部の断端をできるだけきれいに厚く、縫いしろを確保
●術野はできるだけ広くとる
●周回縫合は間を詰め過ぎない

ってとこに気を付けて
かな、と。


ホントはものすごく渋っていたんです。
大変だし、自信満々じゃないし。

けど、
それでやらなかったら、いつまでも前に進めない。

今回、チャレンジの機会を与えてくれた飼い主さんと、
協力してくれたスタッフに、心から感謝します


あとはカテーテル抜いて、おしっこがジャージャー出ることを祈るばかりダッシュ(走り出すさま)
おねがいー。


20170421171418.jpg







posted by くさかり at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

目鼻喉にご注意を!

こんにちはーるんるん
春の嵐になっていますあせあせ(飛び散る汗)


最近、結膜炎や気管支炎などが多い気がしますふらふら
季節の変わり目、埃、気温差、日差しなど、
粘膜にはハードな時です。
人でもこの季節は肺炎などが多くなるそうですがく〜(落胆した顔)

くしゃみ、鼻水、咳、涙

「あれ…?」

と思ったら、迷わず病院まで手(グー)
posted by くさかり at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

今日は手術でした(-_-;)

こんばんわー
今日は手術でした。
久しぶりの術式で、下手くそな僕は四苦八苦(T-T)

一先ず無事終了ですが
術後の経過が良好でありますようにm(__)m
posted by くさかり at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

明日、草刈、午前往診&午後手術です

こんにちはー
いやー、春を飛び越えて一気に初夏の陽気ですね晴れ
昨日は、暑かったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

さて

明日なんですが、草刈、急きょ
午前往診&午後手術となりますあせあせ(飛び散る汗)
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたしますふらふら

無事を祈っていてくださいー
posted by くさかり at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

フィラリア予防はGW前後から

こんにちはーるんるん
めっきり春らしくなりましたかわいい
気温もぐんぐん上昇中手(グー)
そろそろコートはしまっていいかなるんるん

4月も半ば
花にとまる虫たち

皆さんからも

「 最近急に虫を見かけるようになったから…そろそろフィラリア予防かしら… 」

と聞かれます手(パー)


蚊がフィラリアの感染力を持つためには、
これからの気温が少なくとも一か月以上続く必要があります手(パー)
ので、GW前後〜6月までに始めていただければ大丈夫です手(チョキ)
去年末までしっかり投薬していた、というところが重要ですがあせあせ(飛び散る汗)

6か月齢以上の子は、最初の投薬前の一回だけ、
すでに感染していないかチェックが必要です手(パー)

お手元におハガキが行くかと思います。
そちらに書いてある日にちを目安にご来院くださいわーい(嬉しい顔)

よろしくお願いしますー
posted by くさかり at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

春の花と言えば…

こんにちはーるんるん

突然ですが皆さん、 

‘ 春の花 ’
 
と言えば、なにを浮かべますか?

桜? うん、そうですね。やっぱり春と言えばかわいい
沈丁花? そうそう。あの香りがすると、春が来たなぁって感じますね揺れるハート
ツツジ? お、いいとこつきますねぇるんるん

たくさんありますが、

僕は、これ手(パー)

DSC_0117.JPG


そう、

「 たんぽぽ 」 

ですわーい(嬉しい顔)


小学校一年生の時の担任の先生が、、

『たんぽぽ』

という歌が好きで、みんなでよく唄いましたるんるん


♪〜
  雪のー 下のー 故郷のー よーるー
  冷たいー 風ーとー 土ーのーでー 
  青いー 空ーをー 夢にー 見なーがーらー
  野原にー 咲いたー 花ー だーかーらー
  どんな 花より たんぽぽの 花をあなたに 送りーまーすー
  どんな 花より たんぽぽの 花をあなたに 送りーまーすー 

 知ってます?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 幼いながら、

 (いい歌だなぁ…)

 って思って、それから、道端にたんぽぽを見つけると、
 胸のどっかにポッと陽だまりができるようになりました。

 僕のバイブル
 『ドラえもん』
 でも、のび太とたんぽぽの感動必死エピソードがあります手(グー)

 英語では 「Dandelion」
 冬を乗り越え春に咲くその姿は、‘勇気’ の象徴とされることも。
 道端に、アスファルトの隙間に
 どれだけ踏みつけられても
 可憐に、力強く。
 
 飛び立つ綿毛に思いを馳せて
 たんぽぽのように、
 また新しく、強く生きていきたい 
 と思う春の日でしたぴかぴか(新しい)


 
 
 
posted by くさかり at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

真央ちゃんに 拍手!!!

真央ちゃん、いい笑顔でしたねぇもうやだ〜(悲しい顔)

ずっと期待を一身に受け続け、さぞプレッシャーだったことでしょう。

美しい姿に、瞬きを忘れるぐらい心を奪われ、
いままでスケートには全然疎かったのに、毎回欠かさず見るようになりました。
低迷、お母さんとの別れ
それでもあの明るく輝く‘真央ちゃんスマイル’を絶やさず。
笑顔の裏には、僕らの想像を絶するような努力があって、はかり知れないほど涙を流したんでしょう。

復帰の時は、
テレビの前に釘付けで声援を送り、歓声を上げ、泣いていましたもうやだ〜(悲しい顔)


会見での変わらぬ笑顔
その目に浮かぶ涙は
今までで一番輝いていましたぴかぴか(新しい)


感動をありがとうーもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
posted by くさかり at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記