2019年06月19日

仔猫が吐いたら、すぐ連れてきて

こんにちはーるんるん
今日は暑かったですねぇふらふらあせあせ(飛び散る汗)

さてさて。

昨日きた、この子。

IMG_2574.jpg

かわいいですよねぇるんるん

まだ2か月ぐらいぐらいですが、

急性腎不全でしたがく〜(落胆した顔)


来院のきっかけは、

「いつもは元気いっぱいなんですが、今朝何回か白っぽいものを吐いてから、ちょっと元気がなくて…」

ということ。
来た時も、パッと見は元気。

ですが、
僕の中の忘れられない記憶が一瞬でフラッシュバックしました。


保護猫の、
「ハチ」。

朝まで普通に見えたのが急に吐き、
昼前に検査したら、目を疑うような腎臓の値で、

治療の甲斐なく、
その日の夕方、2か月の短い生涯の幕を下ろしました。


以来、

「仔猫が胃液を吐く」

ということに、極度なぐらい過敏になりました。


で、この子。
嫌な予感が現実に。ですが、まだ十分間に合う。

急いで点滴をはじめ、丸一日。

今日になって、血液検査はほぼ正常に戻り、明後日には退院できそうですわーい(嬉しい顔)
すぐに連れてきてくれたおかげわーい(嬉しい顔)お母さん、ありがとーございますーぴかぴか(新しい)


皆さん、
生後6カ月以内の仔猫が胃液を吐いたら、明らかに異常。
感染症なり腎不全なり、とにかく一刻を争います手(パー)
迷わずに即病院に連れてきてくださいね手(グー)

何はともあれ、よかったーもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)



posted by くさかり at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186162988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック