2018年12月07日

暮れに向けて

こんばんはーるんるん
昨日は寒かったですねぇがく〜(落胆した顔)
笑菜の二者面談で小学校に行ったんですが、もはやその道中でさえ苦痛もうやだ〜(悲しい顔)
後はもうひたすらお家に引きこもってましたダッシュ(走り出すさま)


暦で今日は 
「大雪」
そんな季節なんですねぇ。

暮れって、忙しいだけでなく、僕らなんとなく落ち着きません。
お盆もそうなんですが、
歳の節目を待っていたかのように、誘われ、旅立つ子たちがいます。
頑張ってがんばって、抗い尽くしての命であったり、
あるいは、
心臓が生涯のうちに決められた鼓動の回数を打ち尽くしたゴールであったり。
色々さまざまですが、
僕が獣医師として、みんなに共通して言えることが、確実に一つあります。
それは、
「やりきって、生き抜いた」
ということ。

別れは、どんな時でも、どれだけ経験しても、つらく、悲しいものです。
そんなもの、何度経験しても、慣れたり、平気になったりするものではありません。
どれだけ手を尽くしても、「まだ、できることがあったんじゃないか…」という思いは、
多かれ少なかれ残るものです。
けど、僕が今までお付き合いさせていただいている皆さんは、誰もが懸命で献身的でした。
僕がいつまでも考えてしまうのは、獣医師としてのこと。
旅立つ子たちは、家族の皆さんに満足し、感謝をしています。
ので、
どうか、心残りのないように、
今まで一緒に過ごした思い出を大切にしてほしいと、切に願います。

まずは、
聖なる夜まで、祈りを込めてぴかぴか(新しい)



posted by くさかり at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185155926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック