2018年08月27日

‘エキゾチック’診療について

こんにちはーるんるん
厳しい残暑が続いていますねぇあせあせ(飛び散る汗)
我が家は今年ついにエアコンを導入しまして
よく今まで生きてこられたなぁと、文明の利器のありがたみをしみじみ実感していますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

最近の不安定な気温・気候の変化のせいでしょうか、
小鳥やハムスターなど、いわゆる‘エキゾチック’アニマルの診療が増えている気がしますあせあせ(飛び散る汗)
体の小さい子は、環境の変化に対しても耐性が弱いので、今年は特に注意が必要ですねぇふらふら

当院では、エキゾチックの診療は僕(くさかり)が担当させていただいています。
ですが、「専門」ではありません。
ちなみに、動物病院ではっきりとした‘専門’というものはありません。(いろいろ定義はありますが。)
各種動物の診療に対して勉強・経験を積み、学術団体や学会の認定を受けたりという感じです。
かく言う当院、僕も、エキゾチックに関しては、あくまでも独学と経験をもとに診療しています。
試用する器具道具なども、基本的なものしかありません。
ので、できる限りの診察・検査をもとに、診断・処置をしています。
専門性の高い診療・治療が必要と判断した場合は、より高度な病院さんを紹介させていただきます。

とは言え、病気やケガの重さの判断はできますのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

「連れて行こうか、どうしようか…」
そんなときは、迷わずご相談ください。
あ、その時、できれば…
・事前にお電話で具体的な状況をおしえてください
・診療には時間がかかることがあります。可能であれば、診療終了30分前までにおこしいただけると、嬉しいです手(パー)

より良い診療ができるよう、これからも努力していきますので手(パー)
よろしくおねがいしますー
posted by くさかり at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184274081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック