2017年02月07日

「大切にしてくれて ありがとう」

経験則ですが、
いわゆる‘寿命’と聞かれれば、

犬は10〜15歳
猫は13〜18歳
ハムスターは2歳
ウサギは7歳
セキセイインコは7歳


最高齢は

犬で21歳
猫で24歳
ハムスターで3.5歳
ウサギで10歳
セキセイインコで15歳

です。



( 手厚く、できる限りのことを尽くしてもらったな… )
という子もいれば
( ここまで病気ひとつしてこなかった、すごいな… )
という子もいます


何が正解で、どうしたらよかったのか
それは、未熟な僕には未だ答えられません


けど
一つだけ確かに言えることは


生きることに手助けをされた命は

幸せ

だということ。


どこまでできるのか
どこまでやればいいのか
どれだけやればいいのか
これでよかったのか

それはきっと
愛していればいるほど
納得いくことではないのかもしれません

それでも
「できる限りのことをしてあげたい」
という皆さんの思いは
確実に意味を成しています。

ベタですが
きっと
動物達がヒトの言葉を話せるとしたら
こう言っているでしょう


― 大切にしてくれて ありがとう ― 










posted by くさかり at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178688665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック