2020年03月10日

あの日の教訓を

こんにちはーるんるん
雨ですねぇ。朝の通勤、車が少ないダッシュ(走り出すさま)
皆さん、おうちでお仕事でしょうか。
休校始まって一週間。子供らは退屈ながらもペースができてきたようで。もうちょっとの辛抱ですねぇ。

明日は3月11日。
あれから9年が経とうとしています。
日々いろんなことがある中でも、当時のことはいまだに鮮明です。
お昼休みに起こった大きなうねり。飛び出して見た波打つ道路。
一斉に消えた信号、電気。駅からい歩いて家路につく人の流れ。
帰ってから知った、東北の津波。明かりのない、暗く静まり返った夜の街。
昨日までの暮らしは、夢。明日がどうなるのか。今できることは何だろうか。
大切なものは、何か。
いままで顧みることがなかった「価値観」を、あらためて思いなおさせられました。

‘大切なものは なにか’

個人的にも思いの深い日です。

今また、かたちは違えど日常が失われています。
あの日を教訓に、大切に毎日を過ごしていこうと思います。
皆さん、くれぐれも体に気を付けてくださいね手(パー)わーい(嬉しい顔)
posted by くさかり at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記