2020年02月03日

節分え、何を撒きます?

こんにちはーるんるん

今日は「節分」
冬を越し新しい春を迎えるにあたり、邪気を払う宮廷行事が庶民にも広まったのが始まりとか。

ところで
皆さんのおうちでは、どんなことをします?
うちはオーソドックスに、僕が鬼の面をかぶり、「鬼はー外!福はー内!」の掛け声とともに、炒った大豆を嫌と言うほどぶつけられますふらふら
撒き終えた豆は拾い集め、年の数だけむしゃむしゃと。
この年になると、それだけでもうおなかいっぱい…たらーっ(汗)
で、最近は、恵方に向いて黙って恵方巻を完食する、ってな具合。

当たり前だと思っていたこの習慣ですが、どうやら全国的にはいろいろあるようで。
北関東以北の雪が多い地方では、撒いた後に拾いやすいよう、大豆でなく殻付き落花生(ピーナツ)を撒いたり、地方によっては一緒にお菓子を撒くところもあるそうですプレゼント
風習も多様で、イワシの頭と柊を飾る際、
「ネズミの口焼きぺっぺっぺ!…」(!)
とか唱えながらイワシを焼いたり、そこではお面をかぶらず高く掲げた箕を的にするようですパンチ
お国柄、面白いですねぇわーい(嬉しい顔)

暦の上では春を迎える季節ですが、実際は例年このぐらいが寒さの底らしく。
今年も週半ばから今年一番の冷え込みなるようです

皆さん、体調に気を付けて、
心の鬼、おうちの邪気を追っ払い、新しい気持ちで素敵な春を迎えましょーわーい(嬉しい顔)手(パー)かわいい

おにはー そとっ!手(パー)

 
posted by くさかり at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記