2019年04月24日

良くなったら 嬉しい

こんにちはーるんるん
久しぶりのお湿り。ひんやりした風が心地いい季節になりましたねぴかぴか(新しい)


気温・湿度が上がり、これからの季節は皮膚病が増えてきますあせあせ(飛び散る汗)

僕は皮膚病が好き…いや、興味があります。勉強したり色々チャレンジしてつもりで、
おかげさまでそんな噂をどっかから聞きつけて来てくださる方も少なくありません。

皮膚病は、見た目で分かりやすいですよね。
悪くなると、痒くて、真っ赤で、臭って、フケが出て…ふらふら
動物自身もつらいし、それを見ている飼い主さんにとっても苦痛ですよもうやだ〜(悲しい顔)
何とかしたいし、よくなったら、やっぱり嬉しいわーい(嬉しい顔)‘やった!’、みたいな

昨日も、以前よりお罹りで、ついこの間治療方針を修正したプードルさんが来られまして。

9741971764687.jpg

「なんか、よくなってるみたいです。注射一本で、こんなに変わるのかって。
 夜も掻かないし、家族も安心して眠れてますよー。」

( やった!ぴかぴか(新しい) )
この瞬間のために、ここで獣医やってるんですよねぇるんるん

実はこの子。
以前に比べて相当良くなっていたものの、まだなんかこう、モヤモヤしていたというか…
(もうちょっとよくなるはずなんだけどなぁ…)
って思っていたいんです。
で、この間勉強したことを踏まえて、もう一度基本に立ち返った結果でした手(パー)


獣医療の世界でも、つねに新しいことが起こっています。
昨日の常識が、今日の非常識。これが科学。
今やってるドラえもんの映画でも言ってましたが、「異説」と「定説」が日替わり。
ひとつの考えに固着してたり、目新しいものを表面でかっさらってると、
いつまで経ってもよくなりませんがく〜(落胆した顔)

最近の皮膚科トレンドは

「マイクロバイオーム」

かな。

腸内と同じく、皮膚にもさまざまな細菌や真菌(カビ)がバランスの上で存在してます。
そのバランスが崩れると、皮膚病の原因になったり、悪化させたりしますがく〜(落胆した顔)
しっかり保湿したり、定期的なシャンプーで清潔に保ったり、時には抗生物質を使うこと手(グー)
専門医や勉強されてるドクターに、
「今さら何言ってんの?」
「え?やってなかったの?」
と言われそうですが…たらーっ(汗)
実践して、あらためて手ごたえを感じていますパンチ
基礎をおろそかにせず、サボらす、こつこつ。

― 治って嬉しい −

気持ちを、これからも大切にしながら診療に取り組もうと思ってます手(パー)わーい(嬉しい顔)

posted by くさかり at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記