2018年04月17日

翼を

朝一番

小さな命の火が僕の手の中で消えました

やらなければいけなかったことをしたけど
その処置に耐えうるだけの体力がなかった
って、言えば僕が少しはホッとするのか…
そんなわけもなく

もしかしたら
そっとしていたら、自身の力で頑張れたかもしれない?
何もしなかったら、自分で乗り切れたかもしれない?
僕が、翼をうばってしまった?


手の中でみるみる消えかけていくのを必死で追いかけたけど

僕にはその翼をつかまえることができなかった

悔しくて 悲しくて 涙があふれそうだったけど
俺がそんなんで なんになる


大切に、本当に大切にされてきた飼い主さんに

僕は申し訳ない気持ちでいっぱいです


もっともっと

つよく
優しくなります

だから、
次の生まれ変わったときも
お父さんのところに来てください
そして願わくば 
僕にも逢いに来てほしいです

空に祈ります

posted by くさかり at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記